DAIDO×Evisen DAIDO×Evisen

「僕は、写真は何らかのものに印刷されて社会に流通することで成立すると思っています。ですから、通常写真集の出版が僕の喜びなのですが、様々な依頼があって、僕の写真がTシャツにプリントされたり、ポスターになったりと様々なグッズになったりすることもあって、それはそれでとても楽しいものです。写真が世界にばらまかれる方法は何でもいいのです。撮られたイメージが世界に還元していくことが重要なのです。とは言え、まさか僕の写真がスケートボードになったり、スケートパークの内装になるとは思いもよらなかった。僕の写真がプリントされた内装の中で、僕の写真がプリントされたスケボーを使って沢山の人達が滑っている姿を早く見たいと思っています」

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年に独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。1968-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加。ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催など世界的評価も高く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012年、ウィリアム・クラインとの二人展「William Klein + Daido Moriyama」がロンドンのテート・モダンで開催され、2人の競演は世界を席巻した。2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。主な写真集に『にっぽん劇場写真帖』(1968)、『写真よさようなら』、『狩人』(1972)、『光と影』(1982)などがある。個人写真誌『記録』は1972年のNo.1に始まり、73年のNo.5で一時中断~2006年11月のNo.6 から復刊し、現在も継続出版中。最新号はNo.41。近年は『Pretty Woman』(2017)、『TIGHTS IN SHIMOTAKAIDO』、『Lips! Lips! Lips!』(2018)、『蜉蝣』(新装版、2019)などを出版。2019年8月、渋谷駅周辺を舞台に都市型アートエキシビションを開催予定。